ここから本文です

<台風16号>土砂災害、増水など警戒を 21日未明にかけ激しい雨

埼玉新聞 9月20日(火)21時38分配信

 埼玉県の熊谷地方気象台は20日、台風16号が同日夜から21日未明にかけて県内に最接近する見通しを発表した。県内では20日夕方から21日未明にかけて多い所で1時間に30ミリの激しい雨が予想されている。同気象台は土砂災害に警戒するとともに、河川の増水や低地での浸水、落雷、竜巻など突風への注意を呼び掛けている。

 21日昼前までの24時間の総雨量は県内の多い所で80ミリを見込んでいる。20日夕方から21日未明までが降水のピーク。県内最接近時に暴風域はなくなっているとみられる。

 同気象台は「台風は南の海上を進んでいく見通しだが、仮に東海、関東地方に上陸すると、(台風の)中心付近で非常に激しい雨の降る可能
性が高くなるので、常に最新の情報に留意してほしい」と注意を促している。

最終更新:9月20日(火)21時38分

埼玉新聞