ここから本文です

3Dプリンター製のアコースティックバイオリンが奏でる本物の音色

ギズモード・ジャパン 9/20(火) 21:10配信

3Dプリンター製の楽器でオーケストラができる日がくるかも?

これまでに3Dプリンターでバイオリンが作られたことはありましたが、音が共鳴するボディ部分がないエレキバイオリンでした。今回、3Dプリンタ用品の会社Formlabsが製作したのはアコースティックバイオリン。新たに開発されたホワイトレジンを使い、本物のバイオリンの音色を生み出す形状や構造を再現しています。

同社のエンジニアであるBrian Chanは、1884年に出版されたバイオリン作りの本で見つけたデザインをもとに、手彫りの木製のヴァイオリンを組みたてたことがありました。バイオリンはその形状や中の構造、素材によって独特の音色を出していますが、3Dプリンターとプラスチック樹脂を使って同じようにできるのではと思ったことが制作のきっかけなんだとか。

バイオリニストのRhett Priceにわたせるくらい満足のいくデザインに落ちつくまで、Chanは改良を重ね、試作品を3バージョンも作りました。最大の課題は、共鳴して音を出せるほどに薄いけれども、きつく張った弦の張力に耐えられるほどの厚さにプラスチックの厚みを調整することでした。そして試行錯誤の末、演奏が苦にならない軽さながらも強度のある3Dヴァイオリンを作りあげたのです。

完成した3Dプリンタ製アコースティックヴァイオリンを弾くRhett Price。
(動画はこちら:https://youtu.be/zTQWnSOo0uA)

ストラディバリウスやグァルネリ・デル・ジェスといった名器の違いを聞き分けられるほど、音楽に精通しているわけではありませんが、部品のほとんどがプラスチック製であることを差し引いてもFormlabs社の3Dヴァイオリンの音色は想像していたよりもずっとずっと良いものでした。

同社によれば、このバイオリンのプリント用データは3DプリントコミュニティサイトPinshapeにて無料でダウンロードできるとか。弦や弓など3Dプリンタで作れない部品が必要になりますが、実際に奏でてみたい人は自作してみては?

Source: Formlabs

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文]

(たもり)

最終更新:9/20(火) 21:10

ギズモード・ジャパン