ここから本文です

シェイリーン・ウッドリー、「学校でマスターベーションを教えるべき」

ELLE ONLINE 9/20(火) 22:49配信

裸足で街中を歩いたり、「アリやコガネムシを食べたけど、おいしかった」と発言したり、野生児として知られるシェイリーン・ウッドリー。インタビューで性教育について熱く語ったそう。その驚きの内容は!?

オンラインマガジン「The Edit」のインタビューに答えたシェイリーン・ウッドリー。「若い女子は自分をどう喜ばせたらいいのか教えてもらっていないわ。オーガズムがどうあるべきか、満たされるということがどんな気持ちであるべきかも教えてもらっていない」とコメント。さらに「マスターベーションを学校で教えれば、16歳でヘルペスにかかる人や14歳で妊娠する人がどれくらい減ると思う?」と大胆な意見も! 

またハリウッドの業界人にも批判的。「ハリウッドで政治の話をするのは難しい。多くの人が恵まれている状態にいる。だからアメリカ人の99%を見ていない。見る必要がないから。そういう人は他の視点でものを見ることができないの」。さらに「ハリウッドの環境は極めて不健康よ。女性はより細く、よりブロンドでよりふっくらした唇になろうとする。これはイメージではなくて現実なの。今っぽいルックスでいるにはこうあるべきという型があるから、こういう事態になる」とバッサリ!

ちなみに「いつも『マスターベーションに正しい方法はない』っていう本を書きたいと思っているの」ともコメント。実現したら赤裸々で面白いものになること間違いなし。出版に乞うご期待!
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:9/20(火) 22:49

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]