ここから本文です

AK-69と『RIZIN』出場の山本アーセン、違う舞台で闘う2人のスペシャル対談が実現

E-TALENTBANK 9/20(火) 21:00配信

いよいよ今月の25日に迫った、『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント開幕戦』。山本“KID”徳郁の甥で、同日RENAとのカードが話題になっているレスリング元世界女王の山本美憂を母に持つ山本アーセン。

一方、今年、世界の名門ヒップホップレーベル・デフジャム・レコーディングスとサイニングし、日本で最もアスリートの入場に、その楽曲が使われているラッパーAK-69。「音楽がないと何もできない」というアーセンと、日頃から自身のライブのためにアスリート並みのジムワークをこなすというAK-69。それぞれ違う舞台で闘う2人のスペシャル対談が実現した。

山本アーセン(以下、アーセン)歌い始めてからどれくらい経つんですか?

AK-69(以下、AK)17の頃からだから、20年くらいかな。気付いてたら20年経ってたみたいな感じで、結構あっという間だったけどね。

アーセン 僕は今年で20歳なんで…。

AK そっか。ちょうど生まれた頃なんだ。

アーセン ヤバいっすね(笑)。

AK レスリングは何歳からやってるの?

アーセン 僕は4歳からです。途中何回も止めたいと思うこともあったけど、どうやって乗り切ったかわかんないです。ただちっちゃい頃のビデオを見てめっちゃ楽しそうにやってて、ああ好きだから止めなかったんだなって、最近すごく思います。AKさんは練習は普段どれくらいやるんですか?

AK 週3、4回くらいかな。ウェイトトレーニングとサーキットトレーニング。昔はウェイトトレーニングしかやらなかったけど、それだけだと別にあまり意味がないっていうか。自分の単独の公演の時は2時間3時間やるし、それで動きながら歌うと息が上がっちゃうんだよね。

アーセン サーキットトレーニングはいいですよね。でも、やっぱり疲れるんですね。

AK めっちゃ疲れるよ。結構飛び跳ねて歌ったりすると、すぐに息が上がるし。それじゃダメだなと思ってサーキットをやるようになった。

アーセン そう考えるとジャマイカ人のライブとかヤバくないですか? イエローマンとかずっと飛び跳ねてる。

AK 本当だよね。無尽蔵のスタミナだよね。あれはすごい。レゲエ好きなの?

アーセン 僕はもう音楽がないと本当になんもできないです。ノリさん(山本“KID“徳郁)にCDをもらって、最初はジャパニーズレゲエから始まって、そっからどんどん。僕のスタイルだったり、聴いてるものだったり、趣味は全部ノリさんから受け継いだものですね。

AK 格好良いおじさんがいるのは良いよね。でもアーセン君が音楽が好きって嬉しい情報だね。

アーセン 本当に音楽があっての格闘技だし、レスリングですね。音楽がないとテンションが上がらないし、自分の世界にも入れない。お母さんのお腹に入ってるときボブ・マーリーを聴かせてくれたり、小さい頃からアイス・キューブの『ウィキット』を聴いたり。

AK 『ウィキット』は俺らがガキの頃に聴いてた音楽だね。懐かしい。

1/3ページ

最終更新:9/20(火) 21:00

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]