ここから本文です

Apple Watch Series 2はiPhoneなしで使えるか。江ノ島ハンズオン

ギズモード・ジャパン 9/20(火) 23:10配信

iPhoneからの脱却。

昨年の春、ウキウキして初代Apple Watchを購入した私を待っていたのは戸惑いでした。素晴らしいデザインに先進的な機能こそ搭載していたものの、何もかもが遅くて使いづらかったのです。

そして、今年9月16日に発売された「Apple Watch Series 2」。外観は初代モデルから大きくは変わらないものの、最新OSに新型プロセッサ、それにGPSの内蔵でユーザビリティが向上したとうたわれています。

はたしてApple Watch Series 2は毎日使える腕時計のレベルにまで進化しているのか、そしてiPhoneなしではどこまで機能するのか…。あえてiPhoneと連携せずにApple Watch Series 2と共に江ノ島まで遠出し、検証してみました。

パーティーにも持っていけるデザイン

まず、GPSの検証の前に外観や基本的な機能を見ていきましょう。Apple Watch Series 2がフォーマルな場にも持っていける数少ないスマートウォッチであることは間違いありません。美しく艶やかなステンレスのボディに上品なデザイン、そしてクラシカルな標準バンドの数々。

他のスマートウォッチと比較しても、高級感という意味では明らかに一線を画しています。

本体のデザインやボタン類は初代Apple Watchからほとんど変わりません。特徴的なデジタルクラウンに背面のLED式の心拍数計、スライド式のバンド…。

初代Apple Watchを手にしたことがある方なら、Apple Watch Series 2に乗り換えても全く違和感はないでしょう。

ディスプレイは2倍明るいOLED Retinaディスプレイを搭載。いつでもくっきりはっきり美しく、また日光下でも一度も見にくいと思ったことはありませんでした。

風のうわさでは、Apple(アップル)は最も先進的なディスプレイ技術をApple Watchで試していると聞きます。将来このような有機ELディスプレイが新型iPhoneにも搭載されるかもと思うと、楽しみで仕方ありません。

1/3ページ

最終更新:9/21(水) 10:47

ギズモード・ジャパン