ここから本文です

西武・秋山が中飛で二塁から一気に生還 オリックス守備陣の一瞬のミス突く

Full-Count 9/20(火) 19:00配信

糸井がボールを落とす間に…

 西武の秋山翔吾外野手が20日、オリックス外野陣のスキを突いて、二塁からタッチアップで生還した。

 西武3点リードの2回無死二塁。打者の浅村の大きな飛球が右中間を襲った。中堅の小島が賢明に追いかけて、転がりながらもグラブの先で捕球した。二塁走者の秋山は捕球を確認すると、三塁へ進塁。小島は送球動作に入れなかったため、右翼手の糸井にボールを渡した。糸井は内野に返球しようとしたが、ボールが手につかず、落としてしまった。

 三塁をまわったところで秋山は一度、スピードを緩めたが、糸井の落球を確認すると、一気にホームへ。中継を介して、本塁に送球されたが、秋山の足が勝り、ホームイン。西武に4点目が入った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9/20(火) 19:00

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。