ここから本文です

【ブラジル】14億8600万ドルの黒字 貿易収支9月第1・2週

サンパウロ新聞 9/20(火) 4:41配信

 2016年9月第1・2週(1~11日、6営業日)のブラジルの貿易は、輸出が49億5600万ドル、輸入が34億7000万ドルで、収支は14億8600万ドルの黒字。開発商工省が12日発表した。
 第1.2週の1営業日当たりの取引額は、輸出は8億2600万ドル、輸入は5億7840万ドル。15年9月の平均に対してそれぞれ7.4%増、8.0%減だった。
 輸出額は半製品が31.7%、1次産品が5.0%、完成品が1.5%、それぞれ15年9月の平均に対して拡大した。半製品は主に粗糖やカカオバター、パルプ、皮革などが伸びた。1次産品は銅鉱石、原油、豚肉、鶏肉、牛肉、コーヒー豆を中心に、また完成品は燃料油や貨物用車両、乗用車、鉄鋼製フレキシブルチューブ、精製糖などを中心にそれぞれ拡大した。
 一方の輸入は主に燃料・潤滑油(23.7%減)、肥料(21.5%減)、製鉄品(15.9%減)、機械装置(15.5%減)、医薬品(14.2%減)などの購入額が減った。
 年初来累計の貿易黒字は、9月第2週までの時点で338億5800万ドル。開発商工省は16年の年間収支を450億~500億ドルの黒字、ブラジル中央銀行(BCB)は500億ドルの黒字とみている。また、BCBの調査によると、ブラジルの金融市場も同様に500億ドルの黒字を見込んでいる。

最終更新:9/20(火) 4:43

サンパウロ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]