ここから本文です

DeNAが失う「大きな柱」 三浦大輔、涙の引退会見全文「横浜に残ってよかった」

Full-Count 9月20日(火)21時41分配信

背番号「18」は“横浜ナンバー”に、同僚に決断伝えた瞬間とは

 DeNAの三浦大輔投手が25年の現役生活に幕を閉じる決断を下した。1991年のドラフト6位で入団し、2年目にプロ初勝利を含む3勝をマーク。ここまで通算534試合に登板し、172勝183敗、防御率3.58の成績を収めた。今季のレギュラーシーズンでは残り1試合に登板し、ユニフォームを脱ぐ。ファンから愛された42歳は20日、横浜市内で臨んだ記者会見で何を語ったのか。高田GMとともに出席し、時折、涙も見せた会見の内容を振り返ってみたい。

【画像】引退会見で涙を浮かべる三浦大輔

三浦「今シーズン限りで引退します。高校を出て、大洋ホエールズに入団し25年間、横浜の街に育てられた。いつも皆さんに支えられて、CS出場も決まりました。今シーズン全うして、終わろうという気持ちです。1日でも長く選手たちと一緒に戦えるようにしたい。いろんな思いがあります。感謝の気持ちでいっぱいです」

高田GM「16日までの甲子園での阪神戦が終わった後、『現役を引退したい』という話があった。了承するしかなかった。大きな柱を失う。痛手です」

(以下、球団関係者が説明)
「背番号18はプレー、振る舞いともにチームをけん引する、象徴となるべき存在がつける“横浜ナンバー”と名付け、継承していきます。今後はその番号にふさわしい存在が出るまで欠番とします」

――引退を決意して、会見をする率直な気持ちは?

三浦「いろいろ考えて決断してからも、伝えられなかったので、ちょっとすっきりした」

――まだやれるだろうと思う。決断した理由は?

三浦「勝てなくなったから。先発ができなくなって、勝てなくなったらやめると決めていた。8月まで投げられなかった。気持ちは固まっていた。もう一度勝負したいという気持ちがあったので、9月頭の甲子園先発まで、球団にも伝えなかった」

――決断するにあたって、誰かに相談はしたか?

三浦「家族には相談した。最終的には自分で決めた」

――奥様の反応は?

三浦「残念がっていた。子どもたちも『まだできるんじゃないの』と言っていた。プロの世界は厳しい。その辺はしっかり話した。甲子園の試合を見に来てくれた。その前で投げられてよかった」

1/4ページ

最終更新:9月20日(火)22時58分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]