ここから本文です

「おかわり2世」西武山川が2打席連発 好調の裏に「メヒアさん」の存在

Full-Count 9月20日(火)21時54分配信

左右に打ち分け2本塁打、メヒア&浅村が豪快弾も「自分はくらいつくのが精一杯

 西武は20日、オリックスに本塁打4発、11得点で勝利。強烈な存在感を示したのは、「おかわり君2世」こと山川の2本のアーチだった。

 山川は8回に右中間へ13号、9回に左翼席上段へ14号と左右に豪快に打ち分けた。8番打者の3安打2本塁打。打線の厚みを印象づけた。ヒーローインタビューでは「本塁打を意識せずにくらいついていこうという気持ちでした。良い結果になってよかったです」と振り返った。

 試合ではメヒアの35号本塁打や、浅村の豪快弾も飛び出した。インタビュアーから2人の存在が刺激になっているかを問われると「いや、なってないです」と戸惑いの表情を浮かべた。「2人とも全然、すごい選手。自分はくらいつくのが精一杯です」と謙虚に言葉を返した。

 メヒアにアドバイスをもらっているということを聞かれると「メヒアさんには打撃を試合中や試合後にアドバイスもらっているので、打てています」と助っ人に「さん」づけして敬意を表し、感謝の気持ちを込めていた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月20日(火)21時54分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]