ここから本文です

グアルディオラ史上最高のチームはマンC? バルサ、バイエルン時代上回るロケットスタートに

theWORLD(ザ・ワールド) 9/20(火) 18:30配信

まさにパーフェクトなスタート

バルセロナ、バイエルンと比較するとジョゼップ・グアルディオラが今季から指揮を執るマンチェスター・シティは少しばかり戦力が落ちる。これがグアルディオラの就任が発表された時の印象だった。グアルディオラでもプレミアリーグでは苦戦すると思われたが、信じられないほど快調な滑り出しを見せている。

今季のマンCは公式戦8試合を戦って全勝。まさにパーフェクトなスタートだ。全勝なので当たり前だが、バルサやバイエルンよりも良いスタートを切っているのだ。

英『sky SPORTS』もグアルディオラがキャリアで最高のスタートを切ったと伝えており、バルサでは公式戦8試合を戦った時点で5勝1分2敗、バイエルンでは6勝1分1敗のスタートだった。バルサではリーグ開幕戦のヌマンシア戦を0-1で落とし、第2節のラシン戦は1-1の引き分けだった。その後は連勝を続けたが、開幕時は少しばかり躓いた。

バイエルンの場合、少々状況が異なる。バイエルンでは初戦がドルトムントとのドイツ・スーパーカップで、2-4で敗れている。当時のドルトムントが完成されていたことを考えると仕方がない部分もあるが、リーグ戦でも第4節のフライブルク戦で1-1と引き分けている。

得失点にも違いがある。バルサでは19得点8失点、バイエルンでは16得点8失点のスタートだったが、マンCでは25得点4失点とこちらも最高のスタートだ。今節のボーンマス戦も4-0で快勝しており、攻守ともに非常に安定している。

国内リーグではリーガ・エスパニョーラ、ブンデスリーガよりもプレミアリーグの方が厳しかったはずだが、マンCを止められるチームは見当たらない。果たしてグアルディオラ率いるマンCの勢いはどこまで続くのか。チャンピオンズリーグ制覇の夢も不可能ではないかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/20(火) 18:30

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報