ここから本文です

メヒア35発&100打点到達、山川2発、2試合降雨中止…20日のプロ野球

Full-Count 9月20日(火)23時10分配信

西武金子侑は52盗塁でトップのオリ糸井に1個差

 プロ野球は20日、各地で3試合が予定されていたが、ロッテ-楽天(QVCマリン)、阪神-巨人(甲子園)の2試合が降雨で中止に。京セラドーム大阪でオリックス-西武の1試合だけが行われた。

【写真】オリックス対西武のベストショット

 西武は期待の「おかわり君2世」こと山川の2本塁打など、本塁打攻勢でオリックスを下した。初回に今季初先発となったオリックス先発のルーキー・青山からメヒアの左中間への35号3ランで先制。3回表には秋山が二塁打で出塁すると、続く浅村の右中間への飛球で相手守備陣の乱れを突いて、二塁から一気に生還し、4点目。5回にはメヒアのタイムリーで1点。8回表にはオリックスの3人目・岸田から山川が13号ソロ。2死一、三塁から浅村の21号3ランで3点をさらに加えた。9回にはまたも山川が14号2ラン。オリックスの4投手に対して、14安打11得点と持ち前の打線が爆発した。

 盗塁王争いを繰り広げている金子侑は初回に四球で歩くと今季52個目の盗塁を決め、リーグトップのオリックス糸井に1差に迫った。タイトル争いからも目が離せない。

 西武先発の野上は6回1失点。4月20日の日本ハム戦で2勝目を挙げて以来、約5か月ぶりの白星となった。奈良・智弁学園時代に甲子園に出場するなど注目の投手だった青山は4回4失点で初登板で初勝利はならなかった。

【パ・リーグ】
◇オリックス 1-11 西武(京セラドーム)
勝 野上(3勝9敗1セーブ)
負 青山(0勝1敗)
HR(西)メヒア35号、山川13、14号、浅村21号

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月20日(火)23時10分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]