ここから本文です

モウリーニョがビッグクラブで指揮を執るのはこれが最後 「ここで失敗したらどこに行くんだ?」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月20日(火)18時40分配信

誰も欲しがらない可能性も

これまでインテル、レアル・マドリードなど世界を代表するビッグクラブで結果を出してきた指揮官ジョゼ・モウリーニョは、あらゆるクラブが欲しがる名将だ。しかし、最近は何かがおかしくなってしまっている。

昨季途中まで率いたチェルシーでは信じられないほどの低迷を経験し、最終的にチェルシーは10位でフィニッシュ。モウリーニョのキャリアに大きな傷を残した。

その悪いイメージを振り払うべく今季からマンチェスター・ユナイテッドの指揮官に就任したが、マンチェスター・シティとのダービーも含めまさかの3連敗。早くも嫌な空気が流れ始めている。

英『METRO』によると、元イングランド代表のイアン・ライト氏はマンUのみならずモウリーニョの監督人生に大きな影響を与えることになるかもしれないと警告を発している。

同氏はモウリーニョについて、「モウリーニョがビッグクラブで指揮を執る最後のチャンスになるのだろうか?ここで失敗したら彼はどこに行くんだ?」とモウリーニョの評価が一気に下がる可能性もあると主張している。

モウリーニョはその過激な性格も影響し、これまでいくつかのクラブを敵に回すような発言もしてきた。さらにプレイスタイルも賛否両論あり、仕事ができるクラブもある程度限られている。マンUで失敗するようなことがあればビッグクラブでモウリーニョを欲しがるところは見つかりにくいかもしれない。

モウリーニョにとってもマンUでの失敗は絶対に許されないが、この危機的状況を脱することはできるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月20日(火)18時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。