ここから本文です

ハマの番長引退へ 横浜DeNA・三浦大輔

カナロコ by 神奈川新聞 9月20日(火)19時9分配信

 プロ野球・横浜DeNAベイスターズの三浦大輔投手(42)が20日、横浜市内のホテルで会見を開き、今季限りで現役を引退することを表明した。

【号外】ハマの番長引退へ

 高校卒業後、ドラフト6位で横浜大洋ホエールズ(当時)入りした三浦は、高い制球力を武器に、これまで172勝を挙げ、チームを引っ張ってきた。

 引退の理由は、「勝てなくなったから」とひとこと。「8月まで勝てなかったことが自分の中では大きかった」と振り返った。

 現役最年長選手の引退を惜しむ声も多いことについては、「自分もさみしいです。まだまだ現役を離れたくない。もっともっと投げたい。ずっとユニホームを脱ぎたくない」と思いをぶつけた。

 「ファンはパワーを送ってくれる存在。一緒に戦ってきたチームメート」と感謝。2軍に落ち、1軍の試合をテレビで観ていたときも、スタンドで応援するファンの姿を見て「絶対あのマウンドに戻るんだと思って、頑張ってこれました」と目を赤くする場面もあった。

 最後の登板は24日の巨人戦(横浜)を予定。「選手は卒業するけれど、野球もリーゼントも卒業しない」と会見の最後にはすっきりとした笑顔に。最後の試合は、「勝ちたいです。それだけです」と気合いをみなぎらせていた。

最終更新:9月20日(火)19時9分

カナロコ by 神奈川新聞