ここから本文です

関内活性化策 専門家ら24日に講演

カナロコ by 神奈川新聞 9/20(火) 19:30配信

 市庁舎移転を控えた横浜中心部のまちづくりを考える講演会「関内・関外地区の活性化を考える市民フォーラム」が24日、横浜市中区のシェアオフィス「さくらWORKS〈関内〉」で開かれる。主催は市建築士事務所協会、関内まちづくり振興会が共催する。

 2回目となる今回は「創造都市 横浜」のまちづくりがテーマ。市温暖化対策統括本部の秋元康幸・環境未来都市推進担当部長が「クリエーターの集積と都心部の活性化」と題して講演。また、伊藤有壱(ゆういち)監督(東京芸術大学大学院教授)が「みなと横浜」をテーマにしたアニメーション作品の紹介と講演を行う。

 市建築士事務所協会の白川正孝さんをコーディネーターに、関内まちづくり振興会の木原裕司理事や地域の人たち、建築専門家らがテーブルトークを行う。

 午後2時から。参加費は2千円、学生無料。事前申し込み制で、問い合わせは市建築士事務所協会事務局電話045(662)1337。

最終更新:9/20(火) 19:30

カナロコ by 神奈川新聞