ここから本文です

【エミー賞】で名前出なかった故クリスティーナ・グリミーのファンに不満の声

Billboard Japan 9月20日(火)18時5分配信

 9月18日に行われた今年の【エミー賞】授賞式にて、音楽オーディション番組『ザ・ヴォイス』が“Best Reality-Competition Show”部門を受賞したにも関わらず、“In Memoriam”(追悼)コーナーで故クリスティーナ・グリミー(22)が忘れられていたことにファン達が動揺していることが明らかになった。グリミーは『ザ・ヴォイス』出身のスターであり、今年6月、オーランドでのショーの後に熱狂的なファンに射殺されている。

 会場でトリー・ケリーがギターを弾きながら歌ったレナード・コーエンの「ハレルヤ」をバックに、故マール・ハガード、ナタリー・コール、デヴィッド・ボウイ、イーグルスのグレン・フライ、プリンスをはじめ、俳優のジーン・ワイルダー、ギャリー・シャンドリング、アントン・イェルチンなどの画像が次々とスクリーンに映し出される中、クリスティーナ・グリミーは登場しなかったのだ。

 グリミーは『ザ・ヴォイス』シーズン6にアダム・レヴィーンのチームで出場し3位になった。最近亡くなったスターが同アワード・コーナーから省かれた際にはよくあることだが、グリミーがなぜ入っていなかったのかという疑問が飛び交ったのだ。



den @jetblackmalec
「昨夜のエミー賞の“In Memoriam”でクリスティーナ・グリミーに触れられなかったのが未だショック」

Gleekel @Gleeky
「クリスティーナ・グリミーが“In Memoriam”から除外されたのに、『ザ・ヴォイス』はエミー賞を受賞。何か間違ってる」

Katherine Sanchez M. @KathySanchezM
「エミー賞、“In Memoriam”に若くてすごく才能あるクリスティーナ・グリミーを入れ忘れたわ。悲しいことに」

Charlotte @CharlotteCant
「エミー賞の“In Memoriam”でたくさんのシンガーがいたけど、クリスティーナ・グリミーはどこだった?」



 なお、19日にはエミー賞の広報担当から米ビルボードの質問に対する返答が得られた。その内容は以下の通りだ。

 「エミー賞では例年通り、“In Memoriam”コーナーの時間とスペースに制約があるのです。番組プロデューサーは毎年、“In Memoriam”の放送時間に限りがあることや全ての方を入れられないことを残念に思っています。従って我々はこの業界の全員を“In Memoriam”のウェブサイトに記録したり、同時放送のBackstage Liveのストリーミング番組にて触れたりしているのです」



◎エミー賞:クリスティーナ・グリミー・ページ
http://www.emmys.com/bios/christina-grimmie

最終更新:9月20日(火)18時5分

Billboard Japan