ここから本文です

Dream Ami キュートな新作MV解禁! カーディガンズの名曲「ラヴフール」カバー

Billboard Japan 9月20日(火)20時0分配信

 10月19日に新シングル『Lovefool -好きだって言って-』をリリースするDream Ami。今作のミュージックビデオ(https://youtu.be/QcPJxfqjhzo)を解禁した。

Dream Ami 関連写真など

 今作は、約20年前に大ヒットしたカーディガンズの名曲「ラヴフール」のカバー。気になるMVの内容は、「家にある色々なモノが「fool(故障)」になっている不思議な世界で、恋に悩み無気力で無表情なAmi」と「ガールズバンドと笑顔で明るく演奏し、恋にポジティヴでキュートなAmi」の2人のAmiが登場し、だんだんとポジティブなAmiに応援され、無気力なAmiが笑顔を取り戻していくというストーリー。

 本作の監督は、前作『トライ・エヴリシング』も手掛けた田辺秀伸。MVについて、「シュールだけどファッショナブルなオトナカワイイ世界観を目指しました。セットはLovefoolなAmiさんを演出する様な意味でも、奇抜でPOPな配色で、あり得ない感覚の持ち主の部屋をイメージしました。今までのAmiさんに無い、無表情だけどキュートに映るAmiさんを見てもらいたいです。瞬きも我慢していただいているのでそこも注目してもらいたいです」と見どころをコメント。

 また、Ami自身はMVについて、「いつもは笑顔で歌うことが多いのですが、今回は真顔で、本当に恋に溺れて何もする気も起きないようなシーンを表現しています。ここまで真顔で歌うのも初めてなのかなと思うので、そこには注目してほしいなと思います」とコメント。楽曲についても、「こういったバンドサウンドで歌うことも今まではなかなか機会がありませんでしたが、これを機に、イベントやライブもそうですし、自分のソロの楽曲にもバンドサウンドを取り入れていけたらなと思います。これからがすごく楽しみです。」と自身の新たな一面についても語っている。

 E-girls/Dreamとはまた異なる、独自のアーティスティックなDream Amiの追求が、この楽曲のリメイクで次の扉を華やかにひらく。

最終更新:9月20日(火)20時0分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。