ここから本文です

台風16号、西日本や東日本の太平洋側へ

読売新聞 9月20日(火)5時33分配信

 20日午前0時過ぎに鹿児島県・大隅半島に上陸した強い台風16号は、宮崎市の東を東北東へ進んだ。

 台風は同日、西日本や東日本の太平洋側を進む見込みで、気象庁では大雨や暴風、高波などに警戒を呼びかけている。

 同庁によると、台風16号は20日午前4時現在、宮崎市の東南東約40キロにあり、時速30キロで東北東に進んでいる。中心気圧は960ヘクト・パスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートル。

 21日午後6時までに予想される24時間雨量は近畿で300ミリ、四国、東海で250ミリ、北陸で180ミリ、関東甲信で150ミリ。

最終更新:9月20日(火)5時35分

読売新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。