ここから本文です

不正発覚後もVW、世界首位走る…中国で好調

読売新聞 9月20日(火)10時28分配信

 独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)による排ガス不正問題が昨年9月に発覚してから、丸1年が過ぎた。

 過去に例がない大規模な不祥事の逆風下にありながら、VWの今年の新車販売台数は現時点で世界首位を走っている。ただ、米国や本拠地ドイツなどで訴訟リスクを抱え、前途は楽観できない。

 VWの今年上半期(1~6月)の新車販売台数は512万台と、499万台のトヨタ自動車、476万台の米ゼネラル・モーターズを抑え、トップだった。1~8月でも前年同期を約2%上回って推移している。

 好調の要因は、グループ全体の新車販売の3分の1を占める中国市場だ。8月までの累計で9・4%増と、全体を底上げした。中国人の嗜好(しこう)に合わせた高級セダン「フィデオン」をこの秋にも投入し、さらなる強化を図る。

最終更新:9月20日(火)10時47分

読売新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]