ここから本文です

TPP「米を信じる」…首相、早期承認を期待

読売新聞 9月20日(火)18時51分配信

 【ニューヨーク=今井隆、有光裕】安倍首相は19日、環太平洋経済連携協定(TPP)について、「TPPの成否は世界の自由貿易体制とアジア太平洋地域の戦略環境を左右する。日本は全力で取り組む。米国も同じだと信じている」と述べ、米国の早期承認に対する期待感を示した。

 ニューヨーク市内で開かれた対日投資セミナーで述べた。

 首相は、「(26日に召集される)臨時国会でTPPの国会承認と関連法案の成立を図る。日米ができるだけ早く国内で承認を得て、TPPを早期に発効させる」と述べた。

 日米など12か国は2月、TPPに正式合意したが、発効には議会の承認など各国の国内手続きが必要。米国では、11月の米大統領選で民主党候補のヒラリー・クリントン氏と共和党候補のドナルド・トランプ氏がいずれも反対を表明している。

最終更新:9月20日(火)18時53分

読売新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]