ここから本文です

ださい?アイフォーン新機種の印字に賛否両論

読売新聞 9月21日(水)7時23分配信

 米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新機種に、「総務省指定」と印字されていることが話題を呼んでいる。

 電波法に基づいた表示だが、「ださい」などと否定的な声もあり、高市総務相は20日の閣議後記者会見で「格好悪いと言われてしまうと、がっかり」と困惑していた。

 印字は、新機種「7」「7プラス」の背面に小さく記されている。新たに電子マネーの決済機能を付け、ICカードの読み書きもできるようになったことから、総務省の「型式指定」を受けたことを示す必要があるためだ。

 しかし、アイフォーンには熱狂的なファンも多く、これまでの機種にはなかった表示に戸惑いもあるようだ。印字を巡っては、否定的な声の一方で、「かっこいい」などと肯定的な意見もあり、賛否は分かれている。

最終更新:9月21日(水)10時37分

読売新聞