ここから本文です

「池中玄太」脚本家・松木ひろし氏死去…87歳

読売新聞 9月20日(火)20時41分配信

 脚本家の松木ひろし(まつき・ひろし、本名・弘)氏が19日、急性骨髄性白血病で死去した。

 87歳。告別式は親族のみで行う。喪主は次男、鋭人(えいと)氏。

 主にテレビドラマの脚本家として活躍し、「池中玄太80キロ」などを手がけた。また、映画「ニッポン無責任時代」の脚本も担当した。

最終更新:9月20日(火)20時42分

読売新聞