ここから本文です

最後の大洋戦士…三浦大輔が残した伝説

ベースボールキング 9/20(火) 13:00配信

本日15時に記者会見

 9月20日、午前10時。球団初のクライマックスシリーズ進出決定の余韻も冷めやらぬ火曜日の朝に、その一報が入った。

 「三浦大輔選手 記者会見のお知らせ」――。

 DeNA球団公式サイトにアップされたリリースを合図にするかのように、各メディアで三浦の“引退”が報じられると、そのニュースは瞬く間に拡散されていった。

“大洋戦士”最後の生き残り

 横浜一筋25年。強かった時も、苦しい時も知っている“ハマの番長”。他球団のファンからも人気の高い選手だった。

 プロ入りは1991年。ドラフト6位で横浜大洋に入団する。なお、経歴に「横浜大洋」の文字が入った現役選手は三浦しかいない。三浦が最後の“大洋戦士”である。

 2年目の1993年にプロ初勝利を含む3勝を挙げると、1997年に初めての2ケタ・10勝をマーク。勝率はリーグ最高の.769を記録した。

 翌年も12勝を挙げる活躍で、チームの優勝・日本一に大きく貢献。以降は大黒柱としてチームを支え続け、2005年には最優秀防御率と最多奪三振の二冠も達成。リーグを代表する投手に登りつめた。

打ち立てた“番長伝説”

 長い間一線級で活躍してきた男には、様々な記録も残っている。

 まずは1993年から続けてきた「23年連続勝利」。山本昌や工藤公康と並ぶ24年連続勝利へ向けて、今シーズンは2試合に先発するも未だ勝ち星なし。プロ野球記録に並ぶことができるのか。最後の最後まで目が離せない。

 また、バットでも記録を打ち立てた。今季初先発となった7月11日の中日戦で安打を放ち、「24年連続安打」も達成。これはプロ野球の投手としては最長となる新記録であり、「プロ野球投手による安打を放った最多連続年数」としてギネス世界記録にも認定されている。


 その他、“珍記録”も豊富。番長伝説で特に有名なのが、「開幕戦で勝てない」というものがある。

 長らく横浜のエースとして君臨してきた右腕であるが、開幕戦の成績を見ると7度の登板で7敗。“全敗”なのだ。ちなみに「開幕戦7連敗」はプロ野球のワースト記録だ。

 その内容を見ても、8回まで0-0の投げ合いから9回にアレックス・オチョアにサヨナラ満塁弾を浴びた2005年の中日戦や、高橋由伸に開幕戦の初球をスタンドに叩き込まれるという史上2人目の屈辱を味わった2007年の巨人戦など、衝撃の大きなものも多い。

1/2ページ

最終更新:9/21(水) 2:17

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]