ここから本文です

挫・人間、新作から“テクノ番長”の振り付け動画を公開&50回転ズとの対バン決定

RO69(アールオーロック) 9月20日(火)11時0分配信

挫・人間が2016年9月21日(水)にリリースするミニアルバム『非現実派宣言』より“テクノ番長”の振り付け動画を公開した。

“テクノ番長”振り付け動画
http://www.youtube.com/watch?v=7JmbOjOG9F4

なお、2016年9月21日(水)にHMVエソラ池袋店、2016年9月24日(土)にタワーレコード横浜ビブレ店、2016年9月25日(日)にタワーレコード新宿店で開催されるインストアイベントで、同曲のライブ初披露が予定されている。

また、リリースツアー「挫・人間 りりぱ・つあー "ちょおじつりょくはせんげん”」の追加公演が決定したことも合わせて発表となった。この発表で2016年11月13日(日)に富山Soul Powerでミソッカスらとの対バンが明らかになった。また、2016年10月10日(月)の熊本NAVARO公演に、ザ50回転ズが出演することも決定した。

リリース、ツアー情報は以下のとおり。

●リリース情報
『非現実派宣言』
発売日:2016年9月21日(水)
品番:RCSP-0073
販売価格:定価¥1,700(本体)+税
発売元:redrec / sputniklab inc.
収録曲
1:テクノ番長
2:ゲームボーイズメモリー
3:☆君☆と☆メ☆タ☆モ☆る☆
4:人生地獄絵図
5:愛想笑いはあとにして

●ツアー情報
「挫・人間 りりぱ・つあー "ちょおじつりょくはせんげん”」

2016年10月9日(日) 福岡UTERO
共演:空狐3000,神はサイコロを振らない,ダム狂い
OPEN:18:00 START:18:30 
前売り:¥2,000 当日:¥2,500(ともにドリンク代別)

2016年10月10日(月祝) 熊本NAVARO
共演: ザ50回転ズ、ベランパレード
OPEN:18:00 START:18:30 
前売り:¥2,500 当日:¥3,000(ともにドリンク代別)

2016年10月12日(水) 松山サロンキティ
共演:プププランド, The_Straws and more.
OPEN:18:00 START:18:30
前売り:¥2,000 当日:¥2,500(ともにドリンク代別)

2016年10月13日(木) 広島BACK BEAT
共演:空きっ腹に酒/Droog
OPEN:18:00 START:18:30
前売り:¥2,500 当日:¥3,000(ともにドリンク代別)

2016年10月22日(土) 仙台enn2nd
共演:ソンソン弁当箱, 有馬和樹(おとぎ話),僕のレテパシーズ,プリマドンナ
OPEN:18:00 START:18:30 
前売り:¥2,500 当日:¥3,000(ともにドリンク代別)

2016年11月10日(木) 名古屋APOLLO BASE
共演:the coopeez,鈴木実貴子ズand more.
OPEN:18:30 START:19:00 
前売り:¥2,500 当日:¥3,000(ともにドリンク代別)

2016年11月11日(金) 新潟CLUB RIVERST
共演:ププランド,memento森,lazuli rena Nicole,仮初のウマシカ
OPEN:18:00 START:18:30 
前売り:¥2,200 当日:¥2,700(ともにドリンク代別)

2016年11月13日(日) 富山Soul Power
共演:ミソッカスand more.
OPEN:17:30 START:18:00
前売り:¥2,500 当日:¥3,000(ともにドリンク代別)

2016年11月16日(水) 札幌SPIRITUAL LOUNGE
共演:THE BOYS&GIRLS,さよならミオちゃん
OPEN:18:30 START:19:00
前売り:¥2,500 当日:¥3,000(ともにドリンク代別)

「挫・人間 りりぱ・わんまん "ちょおじつりょくはせんげん"」

2016年10月28日(金)Shibuya WWW
OPEN:18:15 START:19:00
前売り:¥2,500 当日:¥3,000(ともにドリンク代別)

2016年11月23日(水・祝)大阪Pangea
OPEN:18:00 START:18:30
前売り:¥2,500 当日:¥3,000(ともにドリンク代別)

RO69(アールオーロック)

最終更新:9月20日(火)11時0分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。