ここから本文です

黒猫チェルシー、対バン企画「ネコのコネ」終演&東名阪での開催も決定!

RO69(アールオーロック) 9月20日(火)15時30分配信

黒猫チェルシーが新たに立ち上げた自主企画イベント「ネコのコネ」の1回目が今月19日に渋谷WWWにて開催された。

同イベントは、黒猫チェルシーが共演したいアーティストへ出演をオファーし、「黒猫チェルシーのコネを、素晴らしいアーティストへ広げていこう」というコンセプトで開催され、名付け親であるという岡本啓佑(Dr.)は「過去のコネも、これから出逢えるコネも使って、J-POP界をコネくりまわす!」と意気込んで1回目を迎えた。

イベントは、モーモールルギャバンのライブを経て、黒猫チェルシーがステージへ。楽器隊によるセッションからライブがスタートした。

1曲目の“嘘とドイツ兵”からアップテンポな2曲を立て続けに披露。その後「皆さん、恋してますか?僕はロックンロールに恋してます!」という渡辺のMCののち、自身も出演していたNHKドラマ『まれ』の劇中歌“涙のふたり”とTBSドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』挿入歌である”抱きしめさせて~美登里の部屋Ver.~“を演奏し、現在制作中という新曲も初披露した。

ここで会場が暗転し、元ブラスバンド部の部長でもあった宮田岳(Ba.)のトランペットを持った姿がスポットライトに照らされ、ソロ演奏が披露された。

このあとは、アニメ『NARUTO疾風伝』のエンディングテーマでもある“青のララバイ”を含むアップテンポな楽曲が続き、そしてラストは“恋はPEACH PUNK”で締めくくった。

アンコールでは来年1月に「ネコのコネ」が東名阪ツアーとして開催されることがアナウンスされ、最後に「明日も皆ハッピーで、もし何か嫌な事があっても『まぁ、いっか』と乗り越えらる様に心を込めて歌います」と披露した“東京”で同イベントは幕を閉じた。

ツアー情報は以下のとおり。

●ツアー情報
「ネコのコネ vol.2」
2017年1月24日(火)渋谷WWW
OPEN/18:30 START/19:00

「ネコのコネ Vol.3」
2017年1月27日(金)大阪・心斎橋Pangea
OPEN/18:30 START/19:00

「ネコのコネ Vol.4」
2017年1月28日(土)名古屋RAD HALL
OPEN/17:30 START/18:00

※全公演ともに前売り¥3000(D別)、出演:黒猫チェルシー、GUEST BAND有り
*全公演ともにゲストバンドは後日発表。
*全公演ともにチケット一般発売は2016年11月26日(土)

<オフィシャルサイト先行>
受付期間:受付中~2016年9月25日(日)23:00
枚数制限:お一人様4枚まで
当落発表:2016年9月28日(水)18:00予定
発券開始:2016年11月26日(土)10:00~
受付URL:http://w.pia.jp/s/kuroneko16of/ (PC・モバイル共通)

RO69(アールオーロック)

最終更新:9月20日(火)15時30分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。