ここから本文です

本堂で男性向けヨガ、能美・辰口の誓立寺 10月から教室開催

北國新聞社 9月20日(火)2時54分配信

 能美市辰口町の真宗大谷派誓立寺が、10月から男性向けのヨガ教室を定期開催する計画を進めている。同市では近年、40~50代の男性の自殺者の割合が多く、職場中心の生活になりがちな男性に、同性だけの空間でリラックスできる機会を提供しようと企画した。関係者はヨガを通じて「疲れを癒やすとともに、頭の中の悩みや不安をリセットする場にしてほしい」と話している。

 ヨガ教室の開催は、誓立寺の住職林拡さん(55)と紀久子さん(52)の夫婦と、緑が丘の「Being yoga(ビーイングヨガ)」で講師を務める安田詔子さん(40)が発案した。3人はイベント企画団体で交流しており、市内で男性の自殺者が多い話を耳にし、何かできることはないかと話し合った。

 「メンズヨガ」と名付ける教室では、本堂の薄暗い明かりの中で、腹式呼吸や背骨を動かすポーズなど、初心者向けの内容を約1時間かけて行う。男性であれば参加資格は問わない。

 初回は10月1日土曜の午後6~8時に開く予定で、より心和む場にしようと、当日は安田さんの夫裕明さんが手作りした豆カレーを振る舞う。林住職が簡単な法話も行う。参加費用は2500円程度を見込む。

 ストレスをためがちな男性の疲れを癒やす場を提供していこうとの試みに、市福祉課も注目し、自殺防止を呼び掛ける講演会の情報を提供するなど、協力していく考えでいる。林住職は「現代の男性は疲れている。ただ集まってしゃべるだけでもいい。心を軽くする手助けになればうれしい」と語った。ヨガ教室の申し込みは同寺まで。

北國新聞社

最終更新:9月20日(火)2時54分

北國新聞社