ここから本文です

雨の彼岸入り 石川県内

北國新聞社 9/20(火) 2:54配信

 彼岸入りの19日、石川県内は本州南岸に停滞する前線の影響で雨の一日となった。台風16号は20日夜に県内へ最接近するとみられる。金沢地方気象台はこれまでに降った雨で地盤の緩んでいる所があるとして、土砂災害に厳重な警戒を呼び掛けている。

 最高気温は金沢21・3度、輪島22・3度など、9月下旬から10月中旬並みだった。金沢は降り始めからの雨量が129・0ミリとなった。断続的に小雨が降る中、金沢市の野田山墓地では家族連れが訪れ、墓前で静かに手を合わせて先祖をしのんだ。

北國新聞社

最終更新:9/20(火) 2:54

北國新聞社