ここから本文です

公式戦3連敗中のマンU、冬にレアルMFイスコ獲得か 動向を注視へ

SOCCER KING 9月20日(火)12時6分配信

 マンチェスター・Uがレアル・マドリードに所属するスペイン代表MFイスコの獲得を検討していることが明らかになった。19日付けのイギリス紙『デイリー・ミラー』が報じている。

 今夏、ジョゼ・モウリーニョ氏を監督に招へいし、フランス代表MFポール・ポグバや元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチをチームへ加えたマンチェスター・U。戦力アップに成功した同クラブだったが、10日に行われたプレミアリーグ第4節のマンチェスター・C戦に敗れて以降、公式戦3連敗となっている。

 同紙によると、マンチェスター・Uが冬の移籍市場でイスコの獲得に動く可能性があるという。同クラブはこれまでの試合でイングランド代表FWウェイン・ルーニーを中盤で起用してきたが、更なる戦力アップのためにイスコの動向を注視するようだ。

 現在24歳のイスコは、今夏にもユヴェントスやトッテナムなど複数クラブが獲得へ動いた。しかし結局、同クラブはイスコを手放さず、レアル・マドリードへの残留が決定した。

 それでも、イスコは未だにジネディーヌ・ジダン監督からの信頼を獲得できていない模様。リーガ・エスパニョーラ4節経過時点で、出場時間は44分間にとどまっている。

SOCCER KING

最終更新:9月20日(火)12時10分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]