ここから本文です

PSG、新加入ベン・アルファが3試合連続招集外に 指揮官は態度を批判

SOCCER KING 9月20日(火)16時52分配信

 パリ・サンジェルマンに今シーズン加入したフランス代表MFハテム・ベン・アルファが、早くも放出候補となっている可能性が浮上した。19日、イタリアメディア『カルチョメルカート』が報じている。

 ベン・アルファは昨シーズン所属していたニースで公式戦18ゴールをマークし、今夏リーグ・アンの絶対的王者パリ・サンジェルマンに加入した。パリ出身である同選手の活躍に期待がかかっていたが、8月6日のフランス・スーパーカップ以来フル出場がなく、13日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節アーセナル戦でメンバーから外されると、16日のリーグ・アン第5節カーン戦でも招集外となっていた。

 同メディアによれば、ベン・アルファはすでにパリ・サンジェルマンの放出リストに入ってしまったようだ。クラブはすでに1月の売却に向けて動いており、20日に行われるリーグ・アン第6節ディジョン戦の招集メンバーにも含まれていない。

 ウナイ・エメリ監督はベン・アルファについて「彼はフィットしていない。体重を落とす必要があるし、トレーニングでの態度は気に入らないね。彼はドリブルのことで頭が一杯で、フットボールはチームスポーツであるというのをもっと理解する必要がある」と批判している。

 ベン・アルファはこれまでにも、ニューカッスル時代に指導を受けた現クリスタル・パレス指揮官のアラン・パーデュー監督や、ローン加入したハルで当時のスティーヴ・ブルース監督との関係が悪化した経験があり、ニューカッスルでは期間満了を迎える前に契約を解消していた。現在同選手に関しては、ジェノアやラツィオ、そして今夏にも獲得を試みていた日本代表MF本田圭佑が所属するミランなど、イタリア方面からの関心が寄せられているという。

SOCCER KING

最終更新:9月20日(火)16時58分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]