ここから本文です

コンテ監督、すでに危うい立場に? オーナーが敗戦に激怒で会合開催か

SOCCER KING 9月20日(火)19時45分配信

 チェルシーを指揮するアントニオ・コンテ監督のパフォーマンスに、オーナーであるロマン・アブラモヴィッチ氏は満足していないようだ。20日付けのイギリス紙『デイリースター』が報じている。

 コンテ監督下で開幕から3連勝と絶好のスタートを切ったチェルシーだったが、11日のプレミアリーグ第4節スウォンジー戦では2-2でドロー、16日の第5節リヴァプール戦では1-2で敗北した。ホームでリヴァプールに黒星を喫したことにアブラモビッチ氏は激怒しており、幹部を集めて話し合いの場を設けると報じられている。

 チェルシーは現在首位のマンチェスター・Cから5ポイント差の5位とまずまずの順位につけているが、リヴァプール戦が同氏のオーナー就任250戦目のプレミアリーグだったことも影響してか、パフォーマンスの低さに激昂しているという。また、84分まで指揮官が交代枠を1つも使わなかったことにも不満をいだいている模様で、最終的に3名の選手が投入されたものの、アブラモヴィッチ氏は手を打つのが遅すぎた感じているようだ。

 一方のコンテ監督も、クラブに対して一定の不満を抱いていると見られている。ターゲットにしていた何人かの選手の獲得に失敗しており、タイトル獲得に十分な戦力が揃ったとは考えていないようだ。同監督はスペイン代表FWアルバロ・モラタ(レアル・マドリード)かベルギー代表FWロメル・ルカク(エヴァートン)、そしてセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(ナポリ)かイタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリ(ミラン)の獲得を望んでいた。

 昨シーズンは10位と大きく低迷したチェルシー。立て直しを図るべく、前イタリア代表指揮官の知将コンテ監督を抜擢したが、早くもクラブ内には暗雲が立ち込めている。次戦は20日、フットボールリーグ・カップ(EFLカップ)3回戦でレスターと対戦する。

SOCCER KING

最終更新:9月20日(火)19時47分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]