ここから本文です

3連敗中のマンU、レアルで不遇のイスコ獲得を検討か

ゲキサカ 9月20日(火)10時23分配信

 マンチェスター・ユナイテッドが、来年1月の移籍市場でレアル・マドリーMFイスコ(24)の獲得を狙っているようだ。英『ミラー』が報じている。

 今夏からジョゼ・モウリーニョ監督が率いるユナイテッドは、現在公式戦3連敗中。これまでトップ下には、主にFWウェイン・ルーニーが起用されているが、大きなインパクトを残せていない。

 そこでユナイテッドが目を付けたのがイスコだ。イスコはジネディーヌ・ジダン監督から信頼を勝ち取ることができておらず、先発したのはUEFAスーパーカップのみ。リーガ・エスパニョーラでは2試合の途中出場にとどまっている。

 レアルとの契約が2018年まで残っているイスコに対しては、ユナイテッドの他にマンチェスター・シティやアーセナル、トッテナムも関心を示している。なお、13年夏にレアルに加入したイスコは、モウリーニョ監督が12-13シーズン限りでレアルを退団したため、指導を受けたことはない。

最終更新:9月20日(火)10時24分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]