ここから本文です

Jリーグ、外国人枠緩和に前向き…チェアマン「規制緩和の方向で」

ゲキサカ 9/20(火) 20:12配信

 Jリーグの村井満チェアマンが20日、JFAハウスで会見を行い、Jリーグの外国人枠の緩和に関する議論について言及した。

 Jリーグは現在、3人まで(J3は2人)までの外国籍選手枠を認めている。さらにアジアサッカー連盟加盟国又は加盟地域の国籍保持者に与えられる「アジア枠」を1人、そしてJリーグと国内リーグでの提携している国や地域の国籍保有選手に与えられる「Jリーグ提携国枠」を1人と、3+2の保有が可能となっている。

 またJリーグは今年7月に英動画配信大手のパフォーム・グループが提供するスポーツのライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」と2017年より10年間、約2100億円の放映権契約を締結したことで、財源を確保。分配金が増えることで、各クラブの補強面での活発化にも期待が集まっている。

 ただ外国人枠の緩和が議論されていることについてチェアマンは、「53クラブあることで日本人の雇用機会が増えてきている」ことを挙げる。枠の数など、具体的な話はなかったが、「このあたりは実行委員会よりクラブの強化担当者や、契約担当者を交えて詳細を決めた方がいいということで、詳細はきまっていないが、規制緩和の方向で議論を検討している」と話した。

 さらに緩和という観点からクラブ単位の規制についても言及。「例えばこれまでは53クラブすべてが均質で質の高いタオルマフラーやTシャツなどを提供できるというマーチャンダイジング(商品計画)をJリーグが担ってきたが、もう少しそれぞれのメーカーと協力した独自の商品開発をしていくマーチャンダイジングを重要視することで、それが収益の柱になっていく可能性がある」と、今後の見通しを語った。

最終更新:9/20(火) 20:17

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。