ここから本文です

ホンダ、モトクロス競技専用車「CRF450R」2017年型モデルを発売

オートックワン 9月20日(火)15時14分配信

ホンダは、世界各地のレース活動で培った先進技術を投入した、水冷・4ストローク・4バルブエンジン搭載のモトクロス競技専用車「CRF450R」をフルモデルチェンジし、2017年型モデルとして11月7日に受注期間限定※で発売する。

このニュースのフォトギャラリー

さらに、自然の地形を利用した不整地耐久競技のエンデューロレース向け競技専用車「CRF450RX」を新たに開発し、12月15日に受注期間限定※で発売する。

※受注期間は2016年9月16日から12月26日まで

価格(消費税込)は、CRF450Rが93万9600円、 CRF450RXが97万7400円となる。

CRF450Rは、モトクロスレースで重要なスタート性能ならびに加速性能を向上させるなど、圧倒的な走行性能の実現を目指し、フルモデルチェンジした。

加速性能の向上は、新設計エンジンおよび独創のストレート吸排気レイアウトによる出力向上によって実現。さらに、新設計の高剛性フレームに加え、後輪への荷重分担を引き上げてトラクション性能を向上させるとともに、徹底した低重心化を図った。

また、レース時の不意なエンジンストップに対し、再始動を容易にするセルフスターターをオプション設定した。

CRF450RXは、CRF450Rをベースに近年人気が拡大している不整地でのエンデューロレースの競技専用車として、扱いやすい特性を追求するなど各部を最適化。さらにキックスタート式に加えセルフスターターを標準装備し、エンジンの再始動性能を向上させた。

カラーリングは、ホンダのアイデンティティーを継承するエクストリームレッドを主体色とし、一目でホンダ車と認識できる個性を主張するとともに、新たにフィルムインサート成形のシュラウド一体型グラフィックを採用し、ライディング時の摩擦や洗車時などでもはがれにくい特性としている。

なお、CRF450R、CRF450RXは、公道および一般交通の用に供する場所では一切走行できない。また、登録してナンバープレートを取得することもできない。

最終更新:9月20日(火)15時14分

オートックワン