ここから本文です

アウディ「S1/S1 スポーツバック クワトロ リミテッド エディション」を限定発売

オートックワン 9/20(火) 17:54配信

アウディ ジャパンは、プレミアムコンパクトモデル「A1シリーズ」のフラッグシップモデルである「S1」をベースとした限定モデル「S1/S1 スポーツバック クワトロ リミテッド エディション」を9月20日より発売する。

このニュースのフォトギャラリー

販売台数は、「S1 クワトロ リミテッド エディション」が25台、「S1 スポーツバック クワトロ リミテッド エディション」が90台の合計115台となる。

「S1/S1 スポーツバック」は、「A1シリーズ」に共通する先進的で力強いデザイン、優れた運動性能と高い環境性能を全長4mに満たないコンパクトなボディに凝縮している。

車名は1980年代の世界ラリー選手権(WRC)を席巻し、のちに伝説となったラリーマシン「アウディ S1」に由来するもので、アウディのトップ・オブ・スポーツであるSモデルラインアップのエントリーモデルとなる。

パワートレインは2.0リッターTFSI ガソリン直噴ターボエンジンと、6速マニュアルトランスミッションを組み合わせ、駆動方式はquattroフルタイム四輪駆動システム。さらに専用チューニングされたESC(エレクトロニック スタビリゼーションコントロール)が搭載される。

最高出力231ps、最大トルク370Nmを発揮しながら、スタートストップシステム(アイドリングストップ機構)などの採用で、JC08モード燃費は14.4km/Lを達成。クラストップの優れた運動性能と燃費性能の両立を実現した。

今回限定販売される「S1/S1 スポーツバック クワトロ リミテッド エディション」 は、2012年に欧州で限定333台のみが販売された「A1 quattro」をイメージした限定モデルである。

エクステリア全体を、ブラックハイグロススタイリングパッケージ (Audi exclusive)、ブリリアントブラックのコントラストルーフ、プライバシーガラス、5アームデザインのマットブラック18インチアルミホイールで引締め、レッドラインを配したバイキセノンヘッドライト、カラードブレーキキャリパー(Audi exclusive)、ブラックハイグロス フロントリップ、専用リヤウイング、ボディサイドquattroロゴ、ボディカラー同色ドアミラーをアクセントとしてスポーティな印象を際立たせた。

インテリアでは、カラーシートバック&センターコンソール、ファインナッパレザーのSスポーツシート、アルミニウムシフトノブ、レッドインナーリング付ハイグロスブラック エアコン吹き出し口カラードスリーブを特別装備。

これ以外にもシートヒーターやBOSEサラウンドサウンドシステム等を採用するなど、プレミアムコンパクトモデルとして究極の装備を搭載しながら、ベースモデル比 26万円アップ(※グレイシアホワイトM/ミサノレッドPEの場合)と非常に価値の高いモデルとなっている。

またボディカラーはオリジナルの「A1 quattro」と同じグレイシアホワイトメタリック(M)をはじめ、ミサノレッドパールエフェクト(PE)およびベガスイエローも選択が可能。インテリアカラーはグレイシアホワイトMとミサノレッドPEにはスチールグレー&レッド、ベガスイエローにはブラック&イエローの組み合わせとなる。

【Audi S1 クワトロ リミテッド エディション】

エンジン:2.0リッター直4DOHCインタークーラー付ターボチャージャー

ステアリング:右

駆動方式:quattro

トランスミッション:6速マニュアル

価格(消費税込):449万円(グレイシアホワイトM/ミサノレッドPE)/468万円(ベガスイエロー)

【Audi S1 スポーツバック クワトロ リミテッド エディション 】

エンジン:2.0リッター直4DOHCインタークーラー付ターボチャージャー

ステアリング:右

駆動方式:quattro

トランスミッション:6速マニュアル

価格(消費税込):471万円(グレイシアホワイトM/ミサノレッドPE)/490万円(ベガスイエロー)

最終更新:9/20(火) 17:54

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。