ここから本文です

小嶺選手、盤石の頂点 全日本セーリング

愛媛新聞ONLINE 9月20日(火)11時28分配信

 愛媛国体のリハーサル大会となる全日本実業団ヨット選手権大会、全日本セーリングスピリッツ級選手権大会、全日本セーリング選手権大会最終日は19日、新居浜市の新居浜マリーナであり、愛媛勢は国体ウインドサーフィン級成年女子の小嶺恵美(一宮グループ)が頂点に立った。
 470級で今村亮(一宮グループ)・大嶋龍介(米谷建設)組が準優勝。レーザーラジアル級少年女子の堤虹葉(新居浜東高)が3位、レーザー級の渡部雄貴(愛媛セーリングクラブ)が4位に入った。420級は少年男子の泉創・谷口慎治(愛媛セーリングクラブ)組が5位、少年女子の伊藤いのり・渡辺美奈(新居浜東高)組が6位入賞を果たした。

愛媛新聞社

最終更新:9月20日(火)11時28分

愛媛新聞ONLINE