ここから本文です

全日本ジュニアバド 中学生が初優勝/青森・浪岡の奈良岡

Web東奥 9月20日(火)11時23分配信

 全日本ジュニアバドミントン選手権は最終日の19日、愛媛県松山市の県総合運動公園体育館で競技を行い、男子シングルスで奈良岡功大(青森市・浪岡中3年)が初優勝を飾った。奈良岡が優勝したジュニア男子の部には、高校2年までの国内トップ級選手80人が出場し、トーナメント戦で争った。開催35回を数える同大会で、中学生の優勝は男子では初めて。
 奈良岡は中学1年だった一昨年に初出場し準決勝敗退。昨年は準優勝に終わっていた。東奥日報紙の取材に「今年は優勝しかないと思っていたので、勝ててうれしい」と喜びを語った。

東奥日報社

最終更新:9月20日(火)18時24分

Web東奥