ここから本文です

グーグル、位置情報分析のUrban Enginesを買収--地図サービス強化へ

CNET Japan 9月20日(火)12時32分配信

 Googleが設立2年の新興企業であるUrban Enginesを買収した。目的は、Urban Enginesの位置情報分析テクノロジを「Google Maps」に組み込むことだ。

 「位置情報分析はUrban EnginesとGoogleの双方にとって重要な取り組みであり、両社の力を合わせて、世界はどのように動いているのかを企業がさらに理解しようとするのを支援できることを喜ばしく思う」とUrban Enginesはブログの投稿で述べている。

 Googleは、Google Mapsの機能の改善と強化を続けている。Appleのほか、Uberなどさまざまな企業が自社のマップ技術を向上させているからだ。

 Google Mapsチームを率いるJen Fitzpatrick氏は、Business Insiderの取材に対し、「これまで存在していたものの中で、最も多彩に、深く、そして詳しく現実の世界を理解できる」製品を構築しようとしていると語っている。Urban Enginesが収集、分析している豊富な交通データの取り込みもここに含まれる。Urban Enginesによれば、同社の顧客は米州、アジア、欧州、アフリカ、中東にまたがっているという。

 Urban Enginesは、ブログの投稿で次のように述べている。「スマートフォンや車、その他の交通手段に搭載されているセンサ(GPSやビーコンなど)が急増する今、われわれはまさに『Internet of Moving Things』(動くモノのインターネット)の時代に入っている。1分ごと、1マイルごとに通勤者の行動パターンを学習し、混雑を改善し、新しい消費者向けサービスを作り出すことによって、膨大な数の通勤者の生活を向上させられる、非常に大きな可能性がある」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:9月20日(火)12時32分

CNET Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]