ここから本文です

俳優ジム・キャリーさん、元恋人の死めぐり訴えられ

BBC News 9月20日(火)15時26分配信

ハリウッドで活躍する俳優ジム・キャリーさん(54)が元恋人の急死に関連して訴えられていたことが、裁判所資料から明らかになった。昨年9月に処方薬の過剰摂取で急死したアイルランド出身キャトリオーナ・ホワイトさん(当時30)の元夫が、キャリーさんが「莫大な富と名声」を利用して処方薬を違法に入手し、ホワイトさんに提供していたと提訴している。

キャリーさんはコメントしていない。

美容セラピストだったホワイトさんは昨年9月末、ロサンゼルスの自宅で死亡しているのを発見された。検死官によると、アンビアン、プロプラノロル、ペルコセト(いずれも処方薬)を過剰摂取していたという。

当時の報道によると、キャリーさんとホワイトさんはロサンゼルスで2012年に知り合い、交際と破局を繰り返していた。ホワイトさんが亡くなる数日前にも、別れたところだったという。

ロサンゼルス郡地裁に提出された訴状によると、ホワイトさんの元夫、マーク・バートンさんは、キャリーさんが「アーサー・キング」という偽名で処方薬を入手し、「自分の関与と過失を隠蔽した」と訴えている。

バートンさんはさらに、ホワイトさんの遺体が発見される前日にキャリーさんは「うそのメッセージ」を送り、薬の場所を尋ね、「自分の行動と彼女の死亡への関与を隠そうとした」と主張している。

さらに、キャリーさんはホワイトさんを「支配下に置き、操る」ことに執着し、ホワイトさん宅に監視カメラを設置して行動を確認していたとバートンさんは訴えている。

訴状は、薬物提供者責任と過失死の責任はキャリーさんにあるとして、損害賠償を求めている。請求額は明らかにされていない。

(英語記事 Jim Carrey sued over ex-girlfriend's Cathriona White's death)

(c) BBC News

最終更新:9月20日(火)15時26分

BBC News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。