ここから本文です

「ハドソン川の奇跡」が2週連続1位-週末の北米映画興行収入

Bloomberg 9月20日(火)9時46分配信

週末の北米映画興行収入ランキングで、ワーナー・ブラザーズの「ハドソン川の奇跡」が2週連続で1位となった。クリント・イーストウッド監督の同作品は、2009年に実際に起きた旅客機事故を題材にし、トム・ハンクスが機長役で主演を務める。

調査会社コムスコアが19日発表した資料によれば、ハドソン川の奇跡の興行収入は推計2170万ドル(約22億円)。ホラー映画「ブレア・ウッチ」(原題)は960万ドルを稼ぎ、初登場2位となった。同作品は1999年公開の「ブレア・ウッチ・プロジェクト」のリメーク。

3位には「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」が入った。オリバー・ストーン監督の「スノーデン」(原題)は4位。両作品ともこの週末に封切られた。

原題:‘Sully’ Stays Atop Box Office as ‘Blair Witch’ Returns (2)(抜粋)

Anousha Sakoui

最終更新:9月20日(火)9時46分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]