ここから本文です

ウェルズFのスタンプCEO、顧客と米国民に陳謝-上院で証言へ

Bloomberg 9月20日(火)10時58分配信

米銀ウェルズ・ファーゴのジョン・スタンプ会長兼最高経営責任者(CEO)は20日の上院銀行委員会での証言に向けた準備原稿で、行員が顧客に無断で数百万件の口座を開設したとされる問題について、顧客と米国民を失望させたとして陳謝した。

ブルームバーグが入手した原稿のコピーによると、スタンプ氏は今回の不祥事は「組織的な行為」ではなく、顧客が必要とせず要求もしていない口座開設を同行が行員に期待したことは決してないと釈明。「心からの謝罪」を表明した。

同氏は「何が起きたか、それについて当行が何をしたかを証言で説明する」としており、「不当な販売慣行は当行の価値観や倫理観、文化に全く反している」と指摘した。

ウェルズ・ファーゴは今月に入り、無断口座開設の問題を決着させるため消費者金融保護局(CFPB)を含む当局への1億8500万ドル(約189億円)の支払いに同意した。20日の上院銀行委では、米通貨監督庁 (OCC)のカリー長官やコードレイCFPB局長の証言も予定されている。

原題:Stumpf Says Wells Fargo Failed Its Customers and the Public (1)(抜粋)

Elizabeth Dexheimer

最終更新:9月20日(火)10時58分

Bloomberg