ここから本文です

トランプ氏、NY爆発容疑者に「厳罰」求める-過去には拷問支持発言

Bloomberg 9月20日(火)13時53分配信

米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏は19日、ニューヨークで爆発物を仕掛けたとされ身柄を同日拘束されたアハマド・カーン・ラハミ容疑者への厳罰を求めた。

フロリダ州フォートマイヤーズ近郊での選挙集会でトランプ氏は、警察との銃撃戦で負傷した容疑者が病院で「ルームサービス」や「優秀な弁護士」を手当てされているかもしれないとして、「なんと悲しい状況だ」と発言。「迅速かつ公正な裁判を行い、こうした人たちには正当かつ非常に厳しい厳罰を科さねばならない」と付け加えた。

さらに、ニュージャージー州の爆発にも関与したとされるラハミ容疑者(28)の裁判が数年に及ぶだろうともトランプ氏は予想。「最後には忘れ去られ、刑罰がかつてほど厳しいものにはならないだろう」と述べ、事情聴取の方法など「敵の戦闘員に対して、米国は厳しく強く対応する必要がある」と強調した。

トランプ氏はどのような厳罰を具体的に想定しているのかは明かさなかったが、過去の集会ではテロ容疑者の拷問を支持する姿勢を示している。2月の予備選挙では「拷問は機能する。水責めもまあまあかもしれない。だが、水責めよりも強力な措置にすべきだ」と聴衆を前に語っていた。

19日の発言中、トランプ氏は民主党候補のヒラリー・クリントン氏について「弱過ぎて、急進的イスラムテロ」に効果的な対応をとれない人物との描写を繰り返した。

一方のクリントン氏は同日のニューヨーク州ホワイトプレーンズでの記者会見で、過激派組織「イスラム国」などテロリストは「イスラム教への戦争に見えるよう画策している」ため、トランプ氏のレトリックは彼らの思うつぼだと批判。「テロリストを退ける厳しい決断を下せる候補者はこの選挙選では私だけだ」と主張した。

原題:Trump Calls for ’Harsh Punishment’ for Ahmad Khan Rahami(抜粋)

Sahil Kapur, Jennifer Jacobs

最終更新:9月20日(火)13時53分

Bloomberg