ここから本文です

ゴールドアクター、オールカマー厩舎情報/美浦トレセンニュース

netkeiba.com 9/21(水) 14:48配信

 昨年の有馬記念(GI)の覇者ゴールドアクター(牡5・美浦・中川公成)が、オールカマー(GII・芝2200m)で秋初戦を迎える。前走の天皇賞・春(GI)では12着と、思わぬ大敗を喫した同馬だが、その敗因や秋初戦に向けての調整過程、レースの見通しなど、管理する中川調教師に話を聞いた。

「前走の天皇賞は、ゴールデンウィーク中の変則の輸送で早めに現地に運びましたので、馬もレースまで待ち切れず、それがイレ込みにつながったのかもしれないですね。輸送をされると馬も競馬だとわかりますから。それとレース後に針をしたのですが、結構悪いところがありましたので、天皇賞時はピークが少し過ぎていたようにも思います。休みを挟んでここまで順調に来ています。

 今日(9/21)は馬なりでしたが、終いを伸ばす感じで予定通りの追い切りができました。先週も悪くはなかったですが、今週は先週よりも良くなっていますね。昨年に比べてさほど大きな変化はありませんが、体は去年の今頃より大きくなっています。精神的にはもう少し落ち着くかなと考えていましたが、そのあたりは変わりませんね。ただそのように前向きさのあるところが、この馬の長所だと思います。今回は秋初戦になりますので、勝ち負けというより、良い競馬をしてほしいです」

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:9/21(水) 14:48

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ