ここから本文です

宇多田ヒカル「サントリー天然水」で6年ぶりCM出演、南アルプスで登山ロケ

音楽ナタリー 9/21(水) 0:00配信

9月25日(日)から放送されるサントリー食品インターナショナル「サントリー天然水」の新CM「水の山行ってきた南アルプス」篇に、宇多田ヒカルが出演する。

【この記事の関連画像をもっと見る】

宇多田がCMに出演するのは約6年ぶり。今回のCMでは南アルプスの登山道を行く宇多田の様子に合わせて、さまざまなつぶやきが挿入される。CMソングには9月28日リリースのニューアルバム「Fantome」収録曲の「道」が使用されている。

CMの撮影はミュージックビデオやCMを含め、彼女にとって初の国内ロケで実施。南アルプスの北沢峠登山口から仙水峠を経て栗沢山山頂を目指す、標高2000メートル超の登山ルートにて8月下旬に行われた。宇多田は撮影を振り返り「自然の中で撮影できたことがすごく気持ちよかったです。登山も下山も、アラサーのインドア派ミュージシャンにしては上出来だったと思います(笑)」とコメントしている。YouTubeではCM映像とメイキング映像、および宇多田のインタビュー映像を公開中。

※「Fantome」の「o」はサーカムフレックス付きが正式表記。

宇多田ヒカル コメント
私自身、こんなにハードな撮影はもしかしたら初めてだったかもしれないんですけど、自然の中で撮影できたことがすごく気持ちよかったです。登山も下山も、アラサーのインドア派ミュージシャンにしては上出来だったと思います(笑)。危ないところはガイドさんがちゃんと先導してくださって、ついてきてくださいって感じだったので、全然怖くなかったです。撮影チームの皆さんは、高品質な映像を撮るために、重い機材を大勢のスタッフで山に運んでいました。普通に登るだけでもキツイ山道なのに、そんなにいっぱい持ってっちゃうのって感じで、私よりも全然辛い思いをしていたので、それに比べたら楽な役回りだったと思います。天候も現場に来る前、友達から「すごい台風来てるよ!」「どんな撮影になっちゃうの?」「中止でしょ!」って、さんざん言われていたんですけど、2日間とも晴れちゃって、周りのみんなも「奇跡だ!」って喜んでいました。お陰で無事撮影することができて、本当にありがたいなと思いました。

最終更新:9/21(水) 0:00

音楽ナタリー