ここから本文です

豪栄道、稀勢の里から主役奪う!かど番Vへ無傷10連勝/秋場所

サンケイスポーツ 9月21日(水)7時0分配信

 大相撲秋場所10日目(20日、両国国技館、観衆=1万816)大関豪栄道(30)は大関照ノ富士(24)を寄り切って、10戦全勝で単独首位を守った。横綱日馬富士(32)は平幕碧山(30)を寄り倒して9勝目を挙げ、平幕遠藤(25)とともに1敗をキープした。綱とりの稀勢の里(30)は琴奨菊(32)との大関対決を寄り切りで制して勝ち越した。横綱鶴竜(31)は関脇宝富士(29)を退け、琴奨菊とともに7勝3敗。

 日に日に歓声が増す。勝ち星を重ね続ける豪栄道の進撃は止まることはなかった。今場所初の大関戦は、照ノ富士を6秒5で寄り切り。無傷の10連勝だ。

 「自分の体勢を作れたので、よかった。一日一番、その相撲に集中するだけ」

 全く寄せ付けなかった。立ち合い、もろ差しで先手を奪うと一気の寄り。膝の悪い相手の体を起こすと隙を与えず、あとは押すだけ。完勝にも淡々としていた

 今年の春場所以来、大関昇進後2度目の2桁星。平成20年の琴欧洲(現鳴戸親方)以来のかど番Vへ一直線に進んでいる。

 日々の気持ちの切り替えも万全だ。「(取組が)終わったら次の日の相撲を考えている」。その日の取組をビデオでチェックすることが日課。「いいイメージをもってやれるようになっていると思う」と手応えも増した。

 期する思いもある。今年の初場所で大関琴奨菊が日本出身力士としては10年ぶりに賜杯を抱いた。ここ3場所は大関稀勢の里の綱とりが注目を集める。「そういう(悔しい)気持ちをもっていないとね」。反発心が今、まさに自身に注目を集めさせている。

 11日目は、その綱とり稀勢の里との一番。「集中するだけ」。短い言葉に力をこめた。

最終更新:9月21日(水)9時25分

サンケイスポーツ