ここから本文です

米倉涼子と泉ピン子が対立!? 副院長役で登場「ドクターX」

cinemacafe.net 9/21(水) 5:00配信

米倉涼子主演で贈るドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」シリーズ。10月の放送で第4シリーズを迎える本作だが、この度大女優・泉ピン子の出演が明らかになった。

【画像】「ドクターX」米倉涼子、泉ピン子

ニューヨークの中華料理店を訪れたフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)の前で、客の妊婦が突然倒れた! 診察した未知子は即座にオペが必要と判断。客のひとり・久保東子(泉ピン子)が掃除婦として働いているという近所の病院へ患者を運び、スピーディーかつ的確な処置で命を救う。その様子を目の当たりにした東子は、未知子の腕前にいたく感動。未知子もまた、日本の大学病院の腐敗ぶりを歯に衣着せぬ物言いでめった斬りにする東子と、意気投合する。

その矢先、未知子に日本の最高峰である「東帝大学病院」から声が掛かった。実は昨今、東帝大学病院はさまざまな隠ぺい行為などで評判がガタ落ちに。そのブランド力を再確立しようと企んだ未知子の宿敵・蛭間重勝(西田敏行)が、院長の久保茂(竜雷太)を汚い策略で追い出し、新院長の座を奪取したばかりだった。未知子は当然不本意ながらも、世も末の腐敗が横行する敵陣へと乗り込んでいくことに。ところが、そこで東子と再開! 何を隠そう彼女は兄である久保前院長によって、東帝大学病院の新副院長に任命されていたのだ。しかも、未知子を雇うと独断した人物こそ、ほかならぬ東子だった。そんな中、摘出困難な脊索腫を患ったIT社長・一木淳のオペが実施されることになる。執刀医はニューヨークから引き抜かれたスーパードクター・北野亨(滝藤賢一)。未知子は自分に切らせろと手を挙げるが、自信満々の北野は一歩も譲らず。ところが手術直前、東帝大にとっても、患者の一木にとっても、本来ならば起こりえない“絶体絶命の事態”が発生し――!?

泉さんと主演の米倉さんは、「ハルとナツ 届かなかった手紙」に共に出演してはいるものの、同じシーンで2人そろって芝居をするのは初。事実上、今回がドラマ初共演となる。本作で泉さんが演じるのは、舞台となる「東帝大学病院」でかつては婦人科部長にまで上り詰めた久保東子。ところが出世争いで蛭間に敗れ渡米。さらに、その10年後には彼女の兄・茂までもが蛭間の策略によって病院長の座を奪われてしまう。その根強い恨みを糧に、東子はの副院長となって日本の医療界に復帰。縦社会と男社会、個人の欲望で汚れに汚れた病院を一掃すべく、あの手この手で新院長・蛭間の足を引っ張ろうとする役どころだ。

そして、そんな東子が目を付けたのが、ニューヨークで出会った未知子。東子と一度は意気投合し、雇うことにするも未知子が自分の思い通りに動くと思ったら大間違い! コントロールがまったく効かない未知子に、東子は激しい怒りを覚える。「大門未知子と久保東子」。こうと思ったら一歩たりとも譲らない女同士のバトルに注目せざるを得ない!

本シリーズの大ファンだと言う泉さんは「第1シリーズから全部見ていたんですよ。そんな私が副院長の役ですよ! うれしいですね~」と歓喜。また、すでに撮影中ということで、未知子が手術の後に必ず患者の肩に手を置く場面では「東子はそんな未知子に怒鳴るんだけど、演じている私自身は内心『この人、いい子だ!』って、うるっとしそうになったのよ。もう、自分の中に観客と出演者が同居しちゃって、よく分かんなくなっています(笑)。それこそ私、名医紹介所のセットもわざわざ見学に行ったんですから! それくらい大好きな作品なんです」とふり返りながら熱弁した。

一方、米倉さんは泉さんの出演作品での印象が強く、“怖い人”かと思っていたと話すも、「実際にお会いしてみたら、お話上手だし、本当に楽しい方で! 撮影初日から他愛もない話で盛り上がらせていただきました。でも、ひとたび役に入られると…さすがはピン子さん! アクの強さと怖さをにじませながら、素敵な敵を演じてくださるんですよ。実は、女性の敵は男性よりも食らいついてくる感じがあるので、未知子として対応する際にも手強さを感じるんです。だからこそ、演じていても面白い!」と語る。泉さんも「やっぱりカッコいいですね。背も高いし、サッパリしていて男前! 本当に素敵な女優さんです。東子としても、思わず『おばちゃんが悪かった。許してね』って、詫びを入れたくなるくらい(笑)」と米倉さんについて語っている。

「ドクターX~外科医・大門未知子~」は10月13日より毎週木曜日21時~テレビ朝日にて放送。

最終更新:9/21(水) 5:00

cinemacafe.net