ここから本文です

「バージニア・ウルフなんかこわくない」原作エドワード・アルビーさん死去

映画.com 9月21日(水)6時0分配信

 [映画.com ニュース] 「バージニア・ウルフなんかこわくない」(1966)の原作者として知られる米劇作家エドワード・オールビーさんが、ニューヨーク州モントークの自宅で病気のため死去したと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。88歳だった。

 1958年に「動物園物語」で劇作家デビューを飾ったオールビーさんは、「デリケート・バランス」(67)、「海の風景」(75)、「三人の背の高い女」(94)でピューリッツァー賞を3度受賞。代表作「バージニア・ウルフなんかこわくない」(62)も同賞にノミネートされたものの、保守的な選考委員にセリフの汚さを問題視され、受賞には至らなかった経緯がある。

 なお、同作は66年にマイク・ニコルズ監督によって映画化され、エリザベス・テイラーの主演女優賞のほか、アカデミー賞5部門に輝いている。

最終更新:9月21日(水)6時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。