ここから本文です

陶芸家の器で至福の1杯を、牧野さん「コーヒーの日」ちなみ29日から催し【函館市】

函館新聞電子版 9月21日(水)9時45分配信

 「mego(メゴ)」の名前で活動する函館市の陶芸家、牧野潤(めぐみ)さんは10月1日のコーヒーの日にちなみ、29日から10月2日まで、函館市地域交流まちづくりセンター内のカフェ「DripDrop」で、牧野さん作陶の器とコーヒーと焼き菓子が楽しめるイベント「豆too陶(とうとうとう)」を開く。

 「函館にはカフェやコーヒー関連ショップが多いが、コーヒーの日にイベントが少ない気がした」と話す牧野さん。同カフェの米田尚子さんに昨年、企画を持ちかけ、賛同を得て実現した。コーヒー豆は、富岡町の焙煎室「ハンドピック」が、本企画に合わせた豆を焙煎。焼き菓子は、29、30日は通販専門のパン・菓子店「roca(ロカ)」、10月1、2日は末広町の飲食店「pippin(ピピン)」が担当する。

 コーヒーはストレートとカフェオレがあり、それぞれコーヒーカップと、本企画のために今年作陶したカフェオレボウルで楽しめる。豆too陶セットは700円。カフェオレボウルとコーヒー豆、焼き菓子をボックスに詰め合わせた豆too陶ギフトは4000円で提供する。カフェオレボウルは、牧野さんの作風でもあるベージュを生かした色合いと味わい深い黒をあしらい、お菓子なども添えられるプレート付き。3アイテム各5セットを準備している。セット、ギフトともに数量限定。

 牧野さんは「セットでコーヒーの日を満喫し、ギフトで家族や友達と楽しみをシェアして」と呼び掛ける。各日午前10時~午後6時。

函館新聞電子版

最終更新:9月21日(水)9時45分

函館新聞電子版