ここから本文です

「KANO」の先住民球児記念した野球大会、約30年ぶり開催へ/台湾

中央社フォーカス台湾 9月21日(水)11時55分配信

(台北 21日 中央社)昨年日本でも公開された台湾の大ヒット映画「KANO 1931海の向こうの甲子園」。その基となった嘉義農林学校(嘉農)野球部の台湾原住民(先住民)選手、陳耕元(日本名:上松耕一)氏を記念して開催されていた少年野球大会が、23日から27年ぶりに行われることとなった。20日には立法院(国会)で記者会見が開かれた。

陳氏の孫で、昨年出身地、台東県の野球委員会のトップに就任した与党・民進党の陳瑩立法委員(国会議員)は会見で、かつて祖父の名を冠した野球大会が1985年から開催されていたが、1989年の第5回を最後に中断していたと指摘。今年、ついに大会を再開することができたと語った。

陳耕元氏はプユマ族の出身で、嘉農野球部では遊撃手として1931(昭和6)年夏の甲子園での準優勝に貢献。嘉農卒業後、日本に留学した。戦後、台東農業職業学校の校長を務めていた際には、のちに「アジアの鉄人」と呼ばれる中華民国(台湾)初の五輪銀メダリスト、楊伝広氏の才能を見抜き、野球から陸上競技への転向を勧めるなど各方面に影響を与えた。

このほか、会見には映画「KANO」のプロデューサー、ウェイ・ダーション(魏徳聖)氏も出席。台湾野球には良い選手だけでなく、観客を育てることも必要だと述べ、大会復活を喜んだ。

試合は23日から25日まで、台東県で行われる。

(蘇龍麒/編集:杉野浩司)

最終更新:9月21日(水)11時55分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。