ここから本文です

【香港】ササ、本土の越境ECモールに旗艦店

NNA 9月21日(水)8時30分配信

 香港地場の化粧品小売り大手、莎莎国際(ササ・インターナショナル)は19日、中国3大ポータルサイトの一つ、網易(ネットイーズ)が手掛けるクロスボーダー電子商取引(越境EC)モール「網易考拉海購」と提携したと発表した。網易考拉に旗艦店を設け、営業を始めた。
 網易考拉が香港ブランドと提携するのは初めて。ササは中国本土住民に向けて、海外ブランドの化粧品やスキンケア商品を販売する。両者は今後、ササの製品拡販に向けたPR活動を進めるほか、網易考拉が河南省鄭州市に持つ保税倉庫とササの香港倉庫を連携させ、海外から本土への直送と保税倉庫からの配送の能力をそれぞれ高める。
 ササの郭少明(サイモン・クォック)会長は、「網易考拉は本土最大級の越境ECモールで、提携は本土事業の拡大につながる」とのコメントを出した。
 ササは2000年から、自社のECサイト「莎莎網」を展開している。

最終更新:9月21日(水)8時30分

NNA