ここから本文です

なんて読む? 日本の珍地名「及位」

ITmedia LifeStyle 9月21日(水)6時10分配信

 所在地は山形県最上郡真室川町。きゅうい? と読んでしまいそうな及位ですが、≪「のぞき」≫と読みます。山岳信仰(山を神とし信仰すること)が盛んだった時代、多くの修行僧が県境に建つ山にこもり、断崖から宙づりになり横穴をのぞくといった「のぞき」と呼ばれるという修行を行っていました。この行いがのぞきと呼ばれるようになった由来だそうです。

【正解はこう読みます】

※記事初出時、所在地に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。(9/21 9:59)

 現在、及位村は合併と共に廃村になっていますが、かつて及位村があった地に今でも及位駅が健在し、使われています。及位駅は明治37年からある長い歴史を持った駅です。無人駅ですが日々20人ほどの乗客を送り出しているようです。

 長い歴史を持った及位、このまま受け継がれていってほしいものです。

最終更新:9月21日(水)10時2分

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]