ここから本文です

レール&カーシェア、法人の認知率は62%…タイムズ24調べ

レスポンス 9/21(水) 8:15配信

タイムズ24は9月20日、カーシェアリングサービス「タイムズカープラス」の法人会員を対象に実施した「出張時の移動手段」についてのアンケート結果を発表した。

[関連写真]

調査結果によると、出張先での移動手段は、「電車」が62%で最も多く、「カーシェアリング」32%、「タクシー」31%、「レンタカー」30%と続いた。出張日数別でみると、日帰り出張では、「カーシェアリング」、2泊以上の連泊では「レンタカー」など、状況に応じた使い分けをしているようだ。

出張先での移動手段としてカーシェアリングを利用する理由は、「予約方法が簡単」との回答が61%でトップ。以下、「短時間(15分から)の利用が可能」56%、「他の移動手段に比べて安価」52%、「直前の変更・キャンセルが可能」48%となった。

また、目的地の最寄り駅まで電車で出向き、その先の移動にカーシェアリングを利用する「レール&カーシェア」の認知率は62%。出張頻度別では、「月に1回以上」の出張がある人で66%、「年に1回未満」の人や出張がない人でも認知率は半数を超えた。

なお、月に1回以上出張がある人で、実際にレール&カーシェアを利用して移動しているのは51%。その理由としては、「移動時間の短縮」が60%、次いで「運転時間の短縮」42%、「他の交通手段より安価」41%と続いた。また、「電車内での仕事が可能」と答えた人も21%を占め、電車とカーシェアリングを組み合わせることで、移動時間を有効活用し業務の効率化を図っていることが伺える。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:9/21(水) 8:15

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。